アルミパウチの水素水と電解水素水生成器の違いは?

浸みわたる水素水購入

 

 

近頃はアルミパウチ入りの水素水もたくさん販売されていますよね。

 

私も、普段から日本トリムの電解水素水を飲んでいますので
いろいろな水素水に興味があって、試しに買ってみたんです。

 

私が買ったのは本社が熊本県の株式会社アビストH&F浸みわたる水素水
アルミパウチ水素水12本入りで1,980円のお試しパックです。

 

500ミリリットル入りの水素水が12本で、まずまずのボリューム

 

 

浸みわたる水素水口コミ

 

 

届いたばかりの浸みわたる水素水を早速飲んでみました。

 

水ですのでもちろん無味無臭、常温で一気に飲んじゃいました。
飲み終えて何か変化を感じたということは特にありませんけどね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

浸みわたる水素水は、熊本県菊池渓谷の天然水に

 

 

浸みわたる水素水熊本

 

 

水素を充填して、アルミパウチに詰めて出荷しているわけですね。

 

充填時には水素濃度が2.2〜2.8ppm含まれていることがポイントのようです。

 

ただ、ここでひとつ知っときたいことに水素は地球上で一番小さな分子
どんな容器に充填しても時間経過とともに抜けちゃうことは否定できません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

浸みわたる水素水では、4層ものアルミパウチを採用して
抜けを予防しているようですが、それでも時間とともに抜ける可能性はありますよね。

 

これは私が使っている電解水素水生成器でも同様のことが言えます。

 

私も毎日ペットボトルに入れて、職場へ持っていき飲んでいますが

 

ペットボトルなど水素は簡単に抜けるでしょうから
なかなか職場でたっぷり水素が補給できるというわけではありません。

 

まぁ、この点は承知の上でペットポトルに入れて持参しているんですけど
普通の水よりは自宅で作った水の方がいいかな・・と思いそうしてますけどね。

 

余談ですが、最近ではスーパーなんかでも、最初に容器を購入すると
あとはいつでも水素水を無料でもらえるようですが

 

自宅へ持って帰る最中に水素は抜けちゃうだろうな・・って感じています。

 

水素は地球上で一番小さな分子ということは知っておかなければなりません。

 

ですのでアルミパウチ水素水でも、充填時は高濃度の水素が含まれていても
時間がたつごとにやっぱり水素が抜けちゃうことは否めないと思います。

 

電解水素水生成器なら、水道の蛇口をひねって
機械から出てきた水をすぐ飲むことがベストだといえるでしょう。

 

私も自宅にいるとき、特に朝起きた時と寝る前はそう心がけていますが
水素を補給したければ抜けないうちにすぐ・・と考えていますよ。

 

 

スポンサーリンク